90年代ドラマ人気記事一覧

『ウォーターボーイズ(ドラマ)』を無料視聴!ドラマあらすじを紹介

ウォーターボーイズ

「ウォーターボーイズ」ドラマ紹介

タイトル ウォーターボーイズ
放送期間 2003年7月1日 – 9月9日(11回)
制作局 フジテレビ
原作 矢口史靖
出演者 山田孝之、森山未來、瑛太、石垣佑磨、石井智也
脚本 橋本裕志、中谷まゆみ
平均視聴率 16.0%(最高視聴率回19.2%:最終話)

「ウォーターボーイズ」ドラマあらすじ

唯野高校水泳部三年生の進藤勘九郎(山田孝之)は、二年前の学園祭で水泳部が男のシンクロを演じたのを目の当たりにし、憧れ一つで入部した男。いまだ泳ぎは苦手だが、クジ引きで今年の学園祭シンクロリーダーに任命され、意欲に満ち溢れる。

だが教育委員会からシンクロ自粛要請があり、シンクロをやるかどうかは部内での多数決に委ねられることに。多数決の結果、水泳部はシンクロを自粛することに決まる。

勘九郎は近隣の女子高に通う憧れの花村響子(香椎由宇)に、思わずシンクロのチケットを売ってしまう。シンクロをやるあてなどないのに。

勘九郎は、転校生・立松憲男(森山未來)とともに校門前でシンクロ存続の署名運動をする。
憲男は唯野高のシンクロをテレビ番組で観て転校して来た変わり者。
一方生徒会長の田中昌俊(瑛太)は水泳部の自粛決定に胸を撫でおろし、今年の学園祭は知的なものにすると意気込む。

勘九郎は塾に向かう道すがら、幼馴染の大西麻子(宮地真緒)に「シンクロはもう踏ん切りがついた」と言うが、シンクロへの想いは募るばかり。懸命につけたシンクロノートを塾のゴミ箱に捨てても、一人ベッドでシンクロの振りを踊ってしまう。

麻子はシンクロノートを拾い届け、「やりたいならやりたいと言えばいい」と勘九郎を熱く諭す。いてもたってもいられず、自転車を漕ぎ出す勘九郎。
向かう先は、もちろん高校のプールだ。

着の身着のままプールに飛び込んだ勘九郎がプールサイドを見上げると、そこに憲男の姿があった。何故こんなところにいるんだと茶化し合いながら、熱く視線を交錯させる二人。そして憲男もプールへ飛び込む。麻子は勘九郎らの姿を遠巻きに見守っている。

男のシンクロという題材は一風変わっていますが、笑いあり感動ありの普遍的な成長物語に仕上がっています。

続きはFODプレミアムで1ヶ月無料視聴
FODプレミアムFODプレミアム 1ヶ月無料
ドラマ・バラエティ・アニメ・映画など対象の作品が
期間内無料見放題 2,000作品・雑誌100誌以上が無料/月額888円(税抜)  無料視聴

「ウォーターボーイズ」ドラマのみどころ

「海猿」「踊る大捜査線」「ROOKIES」など、ヒットしたドラマの続編を映画で、というパターンはよく見られますが、本作は逆で、ヒット映画の続きをドラマで描いたパターンです。
本作の映画版は妻夫木聡主演で監督は矢口史靖。脚本は矢口史靖監督によるオリジナルです。

矢口史靖監督は以前より『アドレナリンドライブ』『ひみつの花園』などで映画ファンからの人気を獲得していましたが、映画『ウォーターボーイズ』で一躍ヒットメーカーの仲間入りを果たしました。
その後吹奏楽版ウォーターボーイズとも言うべき『スウィングガールズ』や綾瀬はるか主演『ハッピーフライト』など、コンスタントに作品を発表しています。
原作もの全盛の邦画界にあってオリジナル脚本にこだわりつづける姿勢で、成果も上げている稀有な存在です。

水泳部顧問役の眞鍋かおり、オカママスター役の柄本明など映画・ドラマ共通キャストの存在により、映画ファンも違和感なくドラマに溶け込めるつくりとなっています。
ドラマから入った人も、是非映画にもチャレンジしてみてください。

続きはFODプレミアムで1ヶ月無料視聴
FODプレミアムFODプレミアム 1ヶ月無料
ドラマ・バラエティ・アニメ・映画など対象の作品が
期間内無料見放題 2,000作品・雑誌100誌以上が無料/月額888円(税抜)  無料視聴

 

「ウォーターボーイズ」SNS情報

「ウォーターボーイズ」みんなのドラマ評価・口コミ

「ウォーターボーイズ」みんなのドラマ評価・口コミ

5

おもしろい!

5.0/10

衝撃!

5.0/10

感動!

5.0/10

豪華出演者!

5.0/10

おすすめ!

5.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。