90年代ドラマ人気記事一覧

『神様、もう少しだけ』を無料視聴!ドラマあらすじを紹介

神様、もう少しだけ

「神様、もう少しだけ」ドラマ紹介

タイトル 神様、もう少しだけ
放送期間 1998年7月7日 – 9月22日(12回)
制作局 フジテレビ
出演者 金城武、深田恭子、加藤晴彦、仲間由紀恵、宮沢りえ、田中好子、他
演出 武内英樹
脚本 浅野妙子
プロデューサー 小岩井宏悦
テーマ曲 LUNA SEA「I for You」
平均視聴率 22.5%(最高視聴率回28.3%:最終話)

「神様、もう少しだけ」ドラマあらすじ

カリスマ音楽プロデューサー・石川啓吾(金城武)は、今日もファンからの声援を前に無表情。かつてのように納得行く楽曲も作れず、アーティストたちとのコミュニケーションも上手くいかず、満たされない日々を過ごしている。

女子高生・叶野真生(深田恭子)は渋谷の街並に完全に溶け込んでいる。ルーズソックスにミニスカート、トイレで化粧を直し、遊びのセックスを経験済み、そして啓吾の音楽を聴いている。

ある日真生は啓吾のコンサートチケットをなくし、ダフ屋からチケットを再入手すべく5万円を目標にHなしの援助交際を決意。危険な目に遭いかけながら最後に巡り会った啓吾ファンの青年の「日常から抜け出したかった」との言葉にシンパシーを覚え、真生は青年をラブホテルへと誘う。しかしHして5万円手に入れた真生の胸に残ったのは、虚しさだけだった。

翌日、真生はコンサート会場で、啓吾がプロデュースする歌手・瀧村カヲル(仲間由紀恵)の歌に酔いしれる。一方の啓吾は「この中にホントに歌を聞いているヤツが何人いる」と冷めていた。帰路、啓吾の乗る車に出くわした真生は雨の中啓吾を追う。信号待ちで車に追いつき「I LOVE KEIGO」のメッセージを広げて見せる。啓吾の車は走り去るが、トボトボを歩く真生の前に啓吾が再び現れ、二人はそのまま啓吾の部屋へ向かう。

無防備に逆立ちしてパンツを丸出しにする無邪気な真生と、対照的に無表情な啓吾。真生は啓吾の顔を覗き込み、「寂しそうだよ」と啓吾を抱き寄せる。頑なだった啓吾の心に、真生が入り込んだ。二人は体を重ねる。

翌朝、眠ったままの啓吾に自分の電話番号を書き残そうとする真生だが、躊躇しメモをゴミ箱に捨てる。しかし初めて好きな人とセックスした幸福感から、遊び相手の日比野イサム(加藤晴彦)に対し、男女の仲になる気がないことを告げる。

3ヶ月後、啓吾が真生に電話をかける。再会の約束に有頂天になる真生を驚愕の事実が襲う。HIVに感染しているとの診断を受けたのだ。

HIV感染という難しいテーマに真正面から挑んだ、究極のラブストーリーです。

続きはFODプレミアムで1ヶ月無料視聴
FODプレミアムFODプレミアム 1ヶ月無料
ドラマ・バラエティ・アニメ・映画など対象の作品が
期間内無料見放題 2,000作品・雑誌100誌以上が無料/月額888円(税抜)  無料視聴

 

「神様、もう少しだけ」ドラマのみどころ(ネタバレ)

ヒロイン・深田恭子がHIVに感染する女子高生という難役を見事に演じ切っています。体当たりだけでも瑞々しさだけでもない、内面がにじみ出る好演です。今なおトップ女優であり続けるフカキョンですが、このドラマの成功で一躍人気女優に駆け上がりました。

「ラブジェネレーション」の脚本も担当したヒットメーカー・浅野妙子の脚本が、とにかく素晴らしいです。時折挿入される真生や啓吾のナレーションの言葉に過不足がなく、視聴者を真生・啓吾の心の中に引き込んでくれます。

また、感情をぶつけ合うシーンも含め、過剰な演技を一切排除することに成功した演出陣と、脇役含む役者陣の功績は非常に大きいです。それによって、このドラマがどこにでもあり得ることとして茶の間に届けられたのでしょう。本作の視聴率が初回からうなぎ上り上がっていくという珍しい曲線を描いたのも、このドラマの中身が支持されていたことの裏付けでしょう。

初見の方も久しぶりの方も、涙なくして観られない傑作ラブストーリーです。

 

深田恭子出演ドラマ

『隣の家族は青く見える』ドラマの見どころ・あらすじを先行して紹介!

 

続きはFODプレミアムで1ヶ月無料視聴
FODプレミアムFODプレミアム 1ヶ月無料
ドラマ・バラエティ・アニメ・映画など対象の作品が
期間内無料見放題 2,000作品・雑誌100誌以上が無料/月額888円(税抜)  無料視聴

「神様、もう少しだけ」みんなの評価・口コミ

『神様、もう少しだけ』ドラマ全体評価

5

おもしろい!

5.0/10

衝撃!

5.0/10

感動!

5.0/10

豪華出演者!

5.0/10

おすすめ!

5.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。