90年代ドラマ人気記事一覧

『高校教師(1993)』を無料視聴!ドラマあらすじを紹介

高校教師1993

「高校教師(1993)」ドラマ紹介

タイトル 高校教師
放送期間 1993年1月8日 – 3月19日(11回)
制作局 TBS
脚本 野島伸司
演出 鴨下信一
吉田健
森山享
小池唯一
プロデューサー 伊藤一尋
出演 真田広之
桜井幸子
赤井英和
山下容莉枝
京本政樹
持田真樹
峰岸徹
中村栄美子
渡辺典子
黒田アーサー
小坂一也
平均視聴率 21.9%(最高視聴率回33.0%:最終話)

「高校教師(1993)」ドラマあらすじ

昭和大学の研究室で助手をしていた羽村隆夫(真田広之)は、上司の三沢教授(小坂一也)の娘・千秋(渡辺典子)と婚約。その後、羽村は三沢から紹介された日向女子高等学院の非常勤講師(生物)として、3か月間赴任することになりました。

着任初日の朝、羽村は駅員から定期券の期限切れを注意されている日向女子高の生徒・二宮繭(桜井幸子)に声をかけ、彼女を助けます。初めて講師を務める羽村の不安そうな表情を見た繭は、「私が守ってあげる!」と叫び、校舎の中に入ってきました。

始業式後、羽村は同僚の宮原 志乃(山下容莉枝)に案内されて生物室へ。すると、教壇の中に隠れていた繭は宮原が去った後、羽村に自己紹介して教室から出て行きました。

その夜、帰宅する羽村を尾行した繭は、彼のアパートの中まで入り込みますが、夕食を持った千秋が羽村の部屋を訪れてきたため、仕方なく帰ることにしました。

一方、繭の自宅では彫刻家の父・浩輔(峰岸徹)が裸の女性をモデルにした作品を制作していました。しかし、女性が妊婦だと気づいた浩輔は、製作途中の作品を彫刻刀で何度も切りつけ破壊してしまいました。

15歳の時に母を心臓病で亡くして以来、浩輔と2人暮らしをしている繭には、誰にも言えない秘密があります。

そして、終業式の翌日、繭は男性とホテルから出てくる羽村の婚約者・千秋を目撃してしまいます。

その夜、羽村は同僚の新庄徹(赤井英和)と生徒指導の一環として繁華街を巡回し、自宅アパートに戻ると、雨に濡れた繭が部屋の前に立っていました。「どうしたの?」と問いかけられた繭は……。

 

 

続きはHuluで2週間無料視聴
huluhulu
人気映画・ドラマ・アニメが見放題
PC/TV/SPで40,000本が2週間無料! 月額 933円(税抜)
無料視聴

 

「高校教師(1993)」ドラマのみどころ

第1回の冒頭で、繭は自分を助けてくれた羽村に信頼を寄せ、「守ってあげる」と宣言するシーンが出てきます。本来ならまだ出会ったばかりの相手を信用することはありえないのですが、真面目でナイーブな羽村なら自分の心の闇を分かってくれると期待したのかもしれません。

繭は強がって「守ってあげる」と言っていますが、自分も守って欲しかったのでしょうね。明るく振舞う繭が時々見せる暗い表情からは、「助けて!」と言えない苦しさが伝わってきます。

放送回が進むごとに、教師によるレイプ、生徒の同性愛、自殺といった問題が表面化し、羽村と熱血漢の体育教師・新庄 徹(赤井英和)が巻き込まれていきます。

さらに、繭が近親相姦の被害者だと知った羽村が彼女を助けに向かうのですが、新たな悲劇を生んでしまいます。

本作のラストは、羽村と繭が電車の椅子にもたれかかるシーンで終了したため、視聴者の間では、「2人は亡くなっている」「羽村の幻想」など憶測が飛び交いました。

脚本家・野島伸司は「ハッピーエンドだ」と話すラストシーンを観て、判断してはいかがでしょうか。

 

続きはHuluで2週間無料視聴
huluhulu
人気映画・ドラマ・アニメが見放題
PC/TV/SPで40,000本が2週間無料! 月額 933円(税抜)
無料視聴

 

「高校教師(1993)」SNSでの評判

 

 

「高校教師(1993)」みんなのドラマ評価・口コミ

「高校教師(1993)」みんなのドラマ評価・口コミ

5

おもしろい!

5.0/10

衝撃!

5.0/10

感動!

5.0/10

豪華出演者!

5.0/10

おすすめ!

5.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。